直結プラグで充電器の長いコードを何とかする

ダイヤテックの直結プラグ

デジカメ等の充電器に付属している電源コードは、やたらと長いものが多い。家で使う分には、それもまた便利な事もあり特段の問題はないのだが、少しでも荷物を減らしたい旅に持っていくとなると話は別だ。

長いコードが無駄にバッグ内でのスペースを取る上に、長くないと使えないという場面に出会う事はほとんどない。

そこで何とかならないか探して見つけたのが、ACアダプタ用の直結プラグだ。プラグの形にはストレート型やL型、さらに短いコード付きといった物もあるが、なるべく省スペースかつ壁のコンセントに差し込むのにちょうど良さそうな、L型の直結タイプを購入してみた。

付属の長いコードを充電器に接続

ここではフジフィルムのデジカメに付属していた、BC-W126という充電器で試す事にして、まず充電器から付属の電源コードを抜く。

付属の電源コードを抜いた所

次に電源コードの代わりに、直結タイプのプラグを差し込めば交換完了。

直結プラグを取り付けた所

これでコード無しの充電器として使え、スペース的な無駄が一切なくなる。

直結プラグを取り付けた充電器

電源コードを必要としていなければ、こういった直結プラグに交換するだけでバッグへの収まりが格段に良くなる。

スポンサーリンク