ちょっとした外出用にポケッタブルデイパックを購入

旅先での街歩きや軽登山などに使おうと、モンベルの「ポケッタブルデイパック」を購入してみた。この製品の特徴は小さく運んで大きく使えるという点にあり、基本的に持ち歩くだけで使わないけど、たまに必要になる用途にはちょうど良い。

一応そんな時のためにトートバッグやショルダーバッグは持っているけど、両手を自由に使いたい場面には向かない。かといってメインのバックパックでは大柄すぎる。そこでデイパックが欲しくなったが荷物は増やしたくない。という訳でこの製品に白羽の矢が立った。

容量は15Lと20Lの2種類があり、収納状態でのサイズが大差ないこともあり迷ったけど、考えてみればほとんど入れる物などないのだ、少しとはいえ携帯性の高い15Lにしてみた。カラーは特定の用途であればそれに見合う色が思い浮かぶけど、何にでも使うという曖昧な用途なので汎用的なネイビーを選択。

mont-bell Pocketable Daypack 15

手にしてまず試したのがポケッタブルの製品名が示すポケット収納で、これがあるから買ったようなものだ。これは自分自身のポケットに自分自身を収納できるというもので、収納袋を持ち歩く必要も紛失する心配もないスグレモノだ。

しかし収納しようとすると内外2箇所あるポケットの、どちらに納めればいいのか分からずまごつく。とりあえず外側の方に入れてみると大きすぎる気がする。ならばと内側の方に入れてみると今度は小さすぎて入らない。説明書の類もないので焦ったけど、どうやら正解は内側の方で、きれいに折りたたむように入れたらうまく収まった。

これで手のひらにも乗るようなサイズになり、実測では高さ15cm、幅18cm、厚みがもっとも分厚い中心部で5cm、重量は215gといったところ。これなら普段はバックパックの底にでもクッション代わりに詰め込んでおけそうだ。

収納時のサイズをペットボトルと比較
収納時のサイズをペットボトルと比較

再び広げると実際に荷物を詰め込んでいく。どれだけ入るのだろうと適当に入れてみると、簡単な外出で入れるようなものでは余裕で収まった。自立するようなクッションや芯材がないので、余裕がありすぎてクタクタとなり、あまり格好の良いものではないが、これは格好ではなく小さく軽く持ち運べることに意味があるのだから仕方がない。20Lの方にしたらさらに余裕があった訳で、小さい方の15Lにしたのは正解だった。

収納部はメイン気室の他にはポケットが内外に1箇所ずつあり、内側にあるのが収納用に使用するポケットでもある。

ショルダーストラップを手にすると、これまたペラペラでクッション性はほとんど期待できない。これもまた小さく収納するためには仕方のないところか。それでも幅だけは約6.5cmと十分に確保されているおかげで掛け心地は悪くなかった。

使用時のサイズをペットボトルと比較

背負えるナイロン袋という感じだけど、使用してみると簡素であるが故に軽いため、歩きまわるにはかえって都合が良かった。長時間使用する訳でもなければ、大量の荷物を入れる訳でもないので特に問題を感じることもなかった。さすがに長旅で使う気にはならないけど、デイパックの名の通り、日帰りでちょっと出かける時には活躍してくれそうだ。

モンベル ポケッタブルデイパック 15 NV
mont-bell(モンベル)
¥ 2,880(2018/08/21 10:39時点)