接写リング MCEX-11 を各種XFレンズで試してみる

FUJIFILM マクロエクステンションチューブ MCEX-11

フジフィルムのXマウントには、接写リングとしてMCEX-11とMCEX-16の2種類が発売されている。先日このうちの MCEX-11 を購入したので、使用すると、どれだけ寄れるようになるのか、手持ちの単焦点XFレンズに装着して撮り比べてみた。

単純に撮影倍率や撮影距離が知りたければ、メーカーサイトにPDFが公開されている。しかし数字だけいくら見てもピンとこないので、ここではJRの切符をそれぞれのレンズで、単体での最短、MCEX-11を装着しての最短、そしてMCEX-11を装着しての無限遠と3通り撮影していく。

フジノン XF16mm F1.4R

このレンズは単体でも驚くほどに寄れるため、接写リングの必要性はまったく感じない。というよりも接写リングを装着すると、寄れすぎて使い物にならなくなる。どのくらい寄れるかというと、MCEX-11を装着した時のワーキングディスタンスは僅か1mmである。

そのためこのレンズに関しては、レンズ単体での最短撮影距離による撮影結果のみを掲載しておく。

XF16mm 最短

フジノン XF23mm F1.4R

このレンズは単体でもソコソコ寄れるのだが、あと一歩足りないという事も多い。

まずはレンズ単体の最短撮影距離で撮影するが、XF16mmに比べると全然寄れない。

XF23mm 最短

ところがMCEX-11を装着すると、フードを外して撮影しなければならない程に寄れるようになる。寄れすぎてしまいレンズの影が映り込む程である。

XF23mm + MCEX-11 最短

MCEX-11の装着状態で無限遠にしても、ほとんど撮影距離は変わらず撮影の自由度は低い。

XF23mm + MCEX-11 無限遠

フジノン XF35mm F1.4R

このレンズは単体でもかなり寄れるので、通常の撮影であればピントが合わなくてストレスが溜まるという事は殆どなく、とても使い勝手の良いレンズだ。

まずはレンズ単体の最短撮影距離で撮影するが、切符サイズの小物の撮影までは問題なくこなせる。

XF35mm 最短

MCEX-11を装着するとレンズ先端から被写体まで7cm位まで接近できるようになる。

XF35mm + MCEX-11 最短

XF23mmと同じくMCEX-11を装着状態で無限遠にしても、最短時とあまり変化はなく切符全体を写す事すらできない。

XF35mm + MCEX-11 無限遠

フジノン XF56mm F1.2R

XFレンズの中でも特に寄れないのがこのレンズで、概ね手で触れられる範囲の被写体にはピントが合わない。

レンズ単体ではこの程度のサイズでしか撮影できず、焦点距離的には小物の撮影には良さそうだが、そのような用途にはまったく使えない。

XF56mm 最短

そんなXF56mmだがMCEX-11を装着すると一気に寄れるレンズに様変わりする。最短側では切符を画面いっぱいに撮影する事も可能で、この状態でもレンズ先端からは20cmくらい離れるので使い勝手も良い。

XF56mm + MCEX-11 最短

無限遠にするとソコソコ離れる事もできるので、切符サイズの小物撮影には丁度よいレンズとなる。

XF56mm + MCEX-11 無限遠

フジノン XF90mm F2R

このレンズは単体でも撮影倍率が高く、通常の撮影で寄れなくて困るような事は滅多にない。ほとんど無音のAFと相まって、どこへ向けてもスッとピントが合うので、使っていて気持ちのよいレンズだ。

まずはレンズ単体で撮影するが、接写リングを使用するまでもなく切符サイズの物を、ほぼ画面一杯に撮影する事ができる。

XF90mm 最短

MCEX-11を装着するとXF56mmよりもさらに大きく撮影する事ができる。

XF90mm + MCEX-11 最短

MCEX-11を装着したまま無限遠にすると、思ったより被写体から離れる事ができる。

ここまでのレンズと大きく違う所はここで、MCEX-11装着時の無限遠の方が、レンズ単体での最短時よりも被写体を小さく撮影できるのだ。つまりMCEX-11装着時の最短から、レンズ単体での無限遠まで撮影できない距離がないのである。

XF90mm +MCEX-11 無限遠

いくつかのレンズに装着してみた感想として、広角レンズに装着すると撮影距離があまりに短くなりすぎて使い勝手が悪く、焦点距離が長くなるほど使い勝手がよくなっていくのを実感した。特にXF90mmとの相性は抜群で、この組み合わせだと最短から無限側までの撮影範囲が広く、被写体との距離も大きく取れるのでとても使い勝手が良かった。

スポンサーリンク

コメント

  1. 有澤J太郎 より:

    初めまして。Tokuvinさんと同じくXユーザーの、有澤J太郎と申します。
    富士フイルムの接写リングが気になり、検索してみたところ、一番目にこちらのブログがヒットしたため、じっくりと読ませていただきました!

    どうやら、接写リングの効果は絶大ですね。僕はたまに、いただきもののケーキなどを撮影することがあります。そしてしばしば「え~、もうちょっと寄れたらなあ」と思います。特に、XF35mmF1.4 R使用時はその気持ちが強いです。

    それだけに、接写リングがあると撮影の幅が広がるなあ、と感心しました。

    マクロレンズよりも安価に、マクロ的機能が味わえる「接写リング」。僕の撮影スタイル(被写体)を見極めながら購入を検討します。参考にさせていただきました!

    • Tokuvin より:

      有澤J太郎さん、はじめまして。
      私の記事が何かの参考になりましたなら幸いです。

      私も小物を画面いっぱいに写したいような時にXF35mmとの組み合わせで使っています。XF35mmとの組み合わせですと合焦範囲の狭さから、離れすぎても近づきすぎてもピントが合わなくなるので、被写体のサイズによっては構図で苦労する面もあるかと思います。

      接写リングはそれほど頻繁に使うわけではありませんが、ポケットにも入るサイズと軽さなのでとりあえず持ち歩いていると、たまに思いがけない活躍をしてくれます。