旅の資料整理にケースファイルがしっくりきた

Kokuyo ケースファイル

旅をしていると資料・パンフレット・チケットなどが際限なく増えていく。これらを利用しやすい形で整理し保存管理するのは難しい。スキャナを使い電子化できるものはしてしまうが、複数ページあるパンフレットはそれも難しく、何よりそのままの形の方が見やすい。中には現物のまま保管しておきたい物だってある。そのためこれらをうまく管理する方法が必要になってくるのだ。

とりあえずダンボール箱にでも詰めてしまえと思うが、そうすると無関係な資料同士がごちゃ混ぜになってしまい、いざ必要になった時に探すのに骨が折れる。それに出し入れするのも面倒で、やはりある程度きちんと分類した上で本棚に並べておくというのが理想だ。

そこでクリヤーブックといったファイルに収めてみたが、これは形の揃った用紙を収めるのは得意でも、様々な形や厚みのある種々雑多な資料を入れるには向いていなかった。それに分厚い資料を入れるとすぐに厚みが増してしまい、まだ半分程度のページしか使っていないというのにファイルがポンポンに膨れてしまって本棚への収まりも悪かった。

膨らんでしまったクリヤーブック

何か良いものはないかと探していて目に留まったのが、コクヨから出ているケースファイルという製品。その名の通りケース状になったファイルで、ここに色々な資料をまとめて放り込んでしまえる。最後にフラップを閉じたらそのまま本棚に並べていける代物だ。

私の場合は資料を1点ずつきれいにファイリングしたい訳ではなく、旅という単位で資料をまとめて保管でき、必要な時に素早く取り出せればそれでいい。そんな用途にはこの適当に詰め込める仕様は願ったり叶ったりだ。そもそも1点ずつきれいに収納したところで、複数ページあるような資料は結局取り出さなければ中身は読めないのだ。

ケースファイルのパッケージ

さっそく購入してみるとA4サイズのケースファイルが3冊セットになって500円ほどと、これでうまく収納できるなら安いものだ。ただ手に取るとこれで3冊も入っているのかという薄さで、こんなペラペラで大丈夫かと少し不安も感じてしまった。

肝心のケースファイル本体を取り出してみると、マチの部分が真ん中で折れるようになっているのでぺたんこに折りたためるだけで、マチを最大に伸ばせば2センチ以上の厚みに膨らみしっかりしたケース状のファイルに変身した。これだけの厚みがあればかなりの量を収められそうだ。

全体が厚紙製なのであまり頻繁に使用するには折れたり破れたりが心配にもなるが、忘れたころに取り出すような私の使い方では特に問題はない。

使用状態に広げたケースファイル

あとは事前に想像した通りに収納できるかが問題だ。恐る恐るフラップを開けて手当たりしだに資料を放り込んでみると、これが面白いように何でも収まっていく。分厚いパンフレットでもストンと収まり気持ち良い。クリヤーブックに無理くり詰めていたのは何だったのかという感じだ。

収納量の方もちょうどよくて1回の旅で持ち帰った資料がきれいに収まって、まだ少し余裕があるくらいだ。これなら1つの旅に1つのファイルという形で整理できる。背表紙にはタイトルスペースもあるし、こうして本棚に並べておけば、見た目の上でも利用する上でもスマートな運用ができそう。

ただあまりに資料が少ない場合は無駄に場所を取ってしまうので、そんな1匹狼のような資料は今までどおりクリヤーブックに収納したほうがよさそうだ。結局クリヤーブックとケースファイルを併用する形が良いかと思っている。

実際に資料を入れたケースファイル

長年うまく資料を整理保管する方法にたどり着けず試行錯誤していたが、これでようやく1つの方法に落ち着けそうである。

スポンサーリンク