ASUS のモバイルノート EeeBook X205TA を購入してみた

x205ta-review-28

旅先でのブログ更新やプログラミングに、スマホやタブレットでは限界を感じたので、モバイルノート ASUS EeeBook X205TA を購入してみた。

外での使用がメインなので、処理能力よりも携帯性とバッテリーの持続時間を優先して、重量が1Kg以下でバッテリーが10時間以上持ち、ついでにデザインも良い物をと探すとMacbook Airが丁度条件に一致する。

しかしメイン環境でもないPCに15万近く出す気にはならず、どうしようかという時にコレがAmazonで26,980円で出ていたので注文してみた。

開封

お急ぎ便はナゼか選択できなくなっていたので、通常配送にして2日後に届いた。いつもの箱と違い何だか、かわいいデザインになっている。

x205ta-review-1

開封すると、パソコンといえど緩衝材の一切ない、いつものAmazon梱包である。

x205ta-review-2

これが外箱で随分とコンパクトだ。

x205ta-review-3

側面は斜めにカットされたデザインだ。

x205ta-review-4

上面には取っ手が付いている。

x205ta-review-5

テープで封がしてあるので、切って開封する。

x205ta-review-6

あれ、これは・・・? まさかの逆向き・・・

x205ta-review-7

開けにくいデザインの箱だなあと思ったが裏面だったとは・・・。ちゃんと表面を上にして梱包してよという感じである。こっちが本当の表面である。

x205ta-review-8

ということで改めて開封する。本体は不織布に包まれているだけでシンプルな梱包だ。

x205ta-review-9

本体を取り出すと下には説明書類が入っている、最近はこういう梱包が増えてきたなあ。

x205ta-review-10

さらにその下にはマイクロSDカードが入っており、これが固定されていないために箱を動かすとカタカタ音がする。

x205ta-review-11

内容物を並べるとこんな感じ。

x205ta-review-12

外観

続いて本体を見ていく。さすがに1Kgを切るだけあって軽い。見た目はいい感じのデザインと色合いで、3万円でお釣りが来るPCとは思えない。

x205ta-review-16

裏面もゴム足がある程度のシンプルなデザインだ。

x205ta-review-17

開くとシールがベタベタ貼ってあり、剥がすの面倒だから貼らないでほしい・・・。液晶はグレアタイプでよく映り込む。

x205ta-review-18

キーボードはUSが良かったのだが、国内だとJISモデルしかなくて残念だが、値段も値段だしここは妥協する。キーピッチは若干狭いのが心配だったが、打ってみた所、感触も悪くなくこれなら長文も問題なく打てそうだ。

x205ta-review-19

Macのキーボードと並べるとちょっとだけキーピッチが狭いのがわかる。

x205ta-review-20

左側面にはイヤホン、HDMI、マイクロSDカードスロットが、そして少し離れて後ろの方に電源入力がある。

x205ta-review-21

右側面にはUSBポートが2つある。

x205ta-review-22

32GBのマイクロSDカードが付属する。

x205ta-review-13

ACアダプターはコンパクトであるが、コードは取り外せず、プラグ部分も折りたためないので、その辺はちょっと収まりが悪い。

x205ta-review-14

iPadの充電器と並べると一回り大きい程度のサイズだ。

x205ta-review-15

一通り見た所で、電源を入れるとセットアップ画面が表示される。

x205ta-review-23

そのままセットアップを済ませ起動する。初期の壁紙はASUSの物になっていた。液晶はTNタイプで視野角が狭く、きちんと正面から見ないと見えにくいのは残念だが、正面から見る分にはキレイで問題はない。

x205ta-review-24

初期状態で20GB弱しか空き領域がないが、付属のSDカードを挿入すれば、32GBのデータ領域として使用できるので、サブノートとしては十分に使える容量になる。

x205ta-review-25

重量

メーカー公称だと980グラムなのだが量ってみると956グラムだった。24グラムはどこへ?

x205ta-review-26

本体だけだと1キロ切ってはいるのだが、ACアダプタが119グラムあるので、実際に持ち歩くには1キロを超える事になる。

x205ta-review-27

これで開封からセットアップまで完了だ。3万円以下でこのサイズ、重量、デザイン、駆動時間であれば満足だ。安い事もあり気軽にどこへでも持って歩けそうである。

スポンサーリンク