Xマウントレンズの最大撮影倍率・最短撮影距離まとめ

FUJIFILM XF16mmとXF35mm

XFレンズとXCレンズ、それにTouitレンズの最大撮影倍率まとめ。

個人的に0.15倍はないと撮影中のストレスが増えてくるので、16,35の2本か16,35,90の3本を持って出かける事が自然と多くなる。16と35の組み合わせは角型フードで、見た目が揃っている点もなかなかと良い。逆に23,56は画角的には好きだが、寄れない事からどうしても持ち出す機会が少なくなってしまう。

こうして見るとXCレンズは作りがチープという以外は、安くてよく写り、おまけに寄る事もできるよく出来たレンズである。

レンズ名 最大撮影倍率 最短撮影距離
XF14mm F2.8 0.12倍 0.18m
XF16mm F1.4 0.21倍 0.15m
XF18mm F2 0.14倍 0.18m
XF23mm F1.4 0.1倍 0.28m
XF23mm F2 0.13倍 0.22m
XF27mm F2.8 0.1倍 0.34m
XF35mm F1.4 0.17倍 0.28m
XF35mm F2 0.135倍 0.35m
XF50mm F2 0.15倍 0.39m
XF56mm F1.2 0.09倍 0.7m
XF56mm F1.2 APD 0.09倍 0.7m
XF60mm F2.4 マクロ 0.5倍 0.267m
XF80mm F2.8 マクロ 1.0倍 0.25m
XF90mm F2 0.2倍 0.6m
XF10-24mm F4 0.16倍 (テレ端) 0.24m
XF16-55mm F2.8 0.16倍 (テレ端) W0.3m T0.4m
XF18-55mm F2.8-4 0.15倍 (テレ端) W0.3cm T0.4m
XF18-135mm F3.5-5.6 0.27倍 0.45m
XF50-140mm F2.8 0.12倍 (テレ端) 1m
XF55-200mm F3.5-4.8 0.18倍 (テレ端) 1.1m
XF100-400mm F4.5-5.6 0.19倍 (テレ端) 1.75m
XC16-50mm F3.5-5.6 Ⅱ 0.2倍 (ワイ端) W0.15m T0.35m
XC50-230mm F4.5-6.7 Ⅱ 0.2倍 (テレ端) 1.1m
Touit 12mm F2.8 0.11倍 0.18m
Touit 32mm F1.8 0.11倍 0.3m
Touit 50mm F2.8 マクロ 1.0倍 0.15m

これはレンズ単体での撮影倍率だが、ここからさらに撮影倍率を上げるアクセサリー「マクロエクステンションチューブ MCEX-11」を使ってみた記事はこちら

スポンサーリンク