旅のカメラをGRの2台持ちにした

GR III & GR IIIx。

旅に出るときは2台のカメラを持っていくことを常としている。それぞれ広角と標準の単焦点レンズがつけてあり、必要に応じてカメラを持ち替えている。ズームレンズにすれば1台にできるけど単焦点レンズがいいのだ。レンズ交換するという手もあるけど、実際にそれをやってみると、交換するのが面倒で撮ることを諦めたり、瞬間的なことに対応できないという問題にぶつかった。そしていつしかこのようなスタイルになったのである。

その役目を担ってきたのは2台のFUJIFILM X-T1であった。操作性や色味は同一であることが望ましいので同じ機種で揃えている。一眼としては小型軽量で、大きなファインダーや使いやすいダイヤル操作も相まって、満足のいく運用をしてきた。

しかし7年近くが経過するとタフなX-T1といえど満身創痍となってきて、いよいよ買い替えを検討することになった。X-T1は小さいとはいえ2台を常時携行するにはまだ大きく、手ブレ補正がないことも暗い悪天候が好きな私には不自由さがあった。それらを解消できる機種として目をつけたのがRICOH GRであった。

小型軽量で速写性のあるGRは幾度も旅カメラの候補になっては消えていた。消える原因は単純で、広角はいいけど標準はどうするかという問題だ。これは各社の単焦点コンパクトカメラに共通する問題でもある。同時に私がレンズ交換式を使う最大の理由ともいえる。広角だけをGRに任せて標準は他のカメラにするという手もあるけど、前述したように操作性や色味を統一したいことからそれではだめなのだ。

そんな状況は昨年GRIIIxが発売されたことで大きく変わった。広角のGRIIIと標準のGRIIIxの2台持ちは、携帯性・機能・画質など旅カメラとして理想に近いものがある。すぐにでも飛びつきたい気持ちにかられたがGRIIIxは品薄で手に入らない。それにEVFやチルト液晶に防塵防滴など、これまで便利に活用してきたものがないという不安もあった。そこで試しにGRIIIだけを使用してみたところ、使い勝手から出てくる画まですっかり気に入り、足りないものもなんとかなりそうなので、満を持してGRIIIxを購入するに至った。

これからはこの2台のGRをお供に旅をしていこうと思う。

コメント