ムーンライトながら運転日数の変化(09〜17年)

ムーンライトながら

東京と大垣を結ぶ夜行列車「ムーンライトながら」は、2009年3月14日のダイヤ改正で臨時列車化された。それ以降は春・夏・冬の各シーズンに運転されているが、印象としては年々運転日数が減少している気がする。あくまで印象なので実際のところはどうなのか、気になるのでその変化を調べてみた。

まずは臨時列車化されて以降の運転日と運転日数をまとめる。上りと下りで運転日数は同じだが運転日は1日ずれるので、ここでは全て東京発の下りを基準にした。

春シーズン
年度運転日運転日数
20093/14 〜 4/927
20103/12 〜 4/929
20113/18 〜 4/216
20123/23 〜 3/319
20133/22 〜 3/309
20143/20 〜 3/2910
20153/20 〜 3/289
20163/18 〜 3/269
20173/17 〜 3/259
夏シーズン
年度運転日運転日数
20097/19 〜 9/953
20107/20 〜 9/447
20117/22 〜 9/344
20127/27 〜 9/137
20137/26 〜 8/2430
20147/25 〜 8/2330
20157/24 〜 8/2230
20167/22 〜 8/2030
20177/21 〜 8/1930
冬シーズン
年度運転日運転日数
200912/11 〜 1/1738
201012/17 〜 1/924
201112/22 〜 1/818
201212/21 〜 1/516
201312/20 〜 1/416
201412/22 〜 1/313
201512/22 〜 1/212
201612/22 〜 1/212
201712/22 〜 1/212

こうしてみると2009年には年間118日間も運転されていたのが、2017年には年間51日間にまで減少していて、10年と経たない内に半減どころかそれ以上に減っていた。

表だけでは分かりにくいのでシーズン毎の運転日数を折れ線グラフにしてみた。すると臨時列車化された当初こそ毎年のように大きく減少しているが、2013年辺りからほとんど変化がなくなっているのが分かる。ここ5,6年は年間50〜60日間あたりで安定している。

ムーンライトながら運転日グラフ

結論としては毎年のように運転日数が減少しているという事はなかった。年々大きく減少していた時代もあったが近年は目立った変化はない。そんな当初のイメージから変化がなくても毎年減っているように感じていただけらしい。