X-T1とEOS-1Ds MarkIIIのサイズを比較

Canon EOS-1Ds MarkIIIとFUJIFILM X-T1の並び

ひょんな事からキヤノンのEOS-1Ds MarkIIIが手元に転がってきたので、最近のメイン機材となっているX-T1とサイズを比較してみた。レンズはどちらも標準レンズを装着した。

まずは正面から見てみると、高さは大きく違うが幅は思ったほどの違いは感じなかった。

EOS-1DとX-T1の並びを正面から

背面はこんな具合で、X-T1に慣れきっていてEOS-1Dの操作がわからず、ちょっとした設定にも悪戦苦闘してしまった。

EOS-1DとX-T1の並びを背面から

側面から見るとさすがにミラーレス機は厚みが薄く、高さも厚みも半分のサイズといった感じだ。このコンパクトさこそが旅用にミラーレス機を使う理由の1つでもある。

EOS-1DとX-T1の並びを側面から

重ねて見るとX-T1はEOS-1Dの中にすっぽり収まる位に小さい。

EOS-1DとX-T1を重ねる

軍艦部は曲線的でボタン&電子ダイヤル操作のEOS-1Dに、直線的でダイヤル操作のX-T1と対照的なデザインになっている。

EOS-1DとX-T1の並びを上面から

ちなみにバッテリーのサイズもこんなに違う。

EOS-1DとX-T1のバッテリーを比較

X-T1に比べて2倍以上の重量があるEOS-1Dsだが、グリップが大きくホールドしやすいので、重量差程には重さの違いを感じなかった。といってもそれは撮影時の話であり、持ち歩くにはやはり重量差だけの違いがある訳で、EOS-1Dsを持って旅をしようとは思わないが…。

それにしてもEVFに慣れた目には、久しぶりのOVFはクリアで明るく見やすくて、これは羨ましく思った。同時に露出補正の結果やヒストグラムが、ファインダー内でそのまま確認できるEVFのメリットも感じて、今はどちらも捨てがたい。