ボノの固いスナップボタンを改善すべくアレコレ

Acru Bono アクリュ ボノ

最近使っているアクリュのカメラバッグ「ボノ」は、デザインやサイズに使い勝手のバランスが良くて概ね満足している。そんな中でフラップに付いているスナップボタンだけは、少々固すぎて不満を感じてしまった。フラップの素早い開閉がやりにくいだけでなく、強く引っ張るために革にも負担がかかる。このスナップボタンをもう少し軽く付け外しできるようにならないか考えてみた。

ボノのスナップボタン

固いといっても金具そのものを加工や交換は大事すぎるので、それは最終手段に取っておくことにして、まずは何らかの滑剤を使って滑りを良くしてみることにしよう。オイルのような液状の物は指に付着しそうだし、何より皮に付着するとそれはそれで大変なことになりそうなので、皮膜を作って滑りを良くするシリコンスプレーを使ってみることにした。

フードシリコンスプレー
呉工業
¥ 665(2018/12/03 13:17時点)

シリコンスプレーにも色々と種類はあるが、指で触れる部分でもあるし安全なフード用を用意した。フード用は少々値段が高いのに効果は多少劣るらしいが物は試しだ。

ボノのスナップボタンにシリコンスプレーをかける

準備ができたら革には付着しないようにスナップボタンに塗布していく。そしてしばらくしてから恐る恐る開閉してみると…。これが見事に変化がなくてガッカリした。ここで驚くほど使いやすくなって終了という予定だったのにおかしい。いくら滑りを良くしても金具がキツイ以上はどうしようもないということか。

もう少し何とかしてみようと、昔から滑りを良くする定番ともいえるパラフィンを使ってみることにした。家にあるパラフィンといえばローソクしかないが、まあいいかという訳で早速金具に塗り込んでみた。

ボノのスナップボタンに蝋燭を塗りこむ

大して期待もせず再び開閉してみると、いきなり軽々とスナップボタンの付け外しができるようになっていて驚いた。体感的には今までの半分くらいの力でボタンを外せる感じだ。先人の知恵というのは大したものである。それにしても同じ滑りを良くしているのに、ローソクは良くてシリコンスプレーがダメなのが不思議だ。

カメヤマ ローソク徳用マメダルマ  225G
カメヤマ
¥ 339(2018/12/03 13:17時点)