JTB 小さな時刻表 2019年 春号

JTB小さな時刻表。

春が近づき日も長くなってきたので、そろそろ旅に出ようと、手始めに小さな時刻表を購入してきた。私の旅は行き当たりばったりで全国どこに行くか分からず、一般の小型時刻表では省略されるようなローカル線の小駅もよく利用するため、コンパクトでありながら大判時刻表と同等の情報量を誇るこの時刻表が欠かせない。

特にこの春はスマホで手軽に時刻表を確認できた「えきから時刻表」がサービスを終了するというので、自宅から旅先での使用までますます重要な存在になった。スマホで時刻表といえば「デジタルJR時刻表Lite」という有料サービスがあり、これを利用することも考えたが、電子版があるからといって紙版が不要になる訳ではないので見送った。両方にお金を出すとか時刻表を2冊買うようなもので二の足を踏んでしまう。月額課金というのも気になるところで、これ自体は360円と大したことはないのだが、最近は月額課金のサービスやアプリが増えすぎていて、ひとつひとつは大した額ではなくても全体ではとんでもない額になってしまうのだ。なんだかんだで当面は小さな時刻表だけで行ってみようと思う。

時刻表を開くとダイヤ改正とあっていつもより変更点は多いが、とりあえず私の完乗旅に影響がありそうな変更は四国の土讃線と牟岐線くらいのようだ。土讃線は例によって普通列車の減便があり、各駅に降り立つのも数年前より大変になった。牟岐線はパターンダイヤの導入で別路線かと思うほどに変更されていて驚かされる。徳島から阿南までは増便もされているが、阿南から先は逆に減便されていて、少ない資源を利用者の多い区間に集中させているのが見て取れる。特急も大幅に削減されていて、今までは夕方に徳島に帰るのに利用できた特急が消滅していた。1日歩き回り疲れた体を休めながら、ゆったり旅を終えることができるありがたい存在だったので非常に残念である。

JTB小さな時刻表春号
ジェイティビィパブリッシング
¥ 800(2019/07/04 13:04時点)