泊駅発行の「トキめきホリデーフリーパス」

あいの風とやま鉄道 泊駅

富山駅の近くにある速星駅から直江津駅に向かう時のこと、速星の券売機では直江津までの乗車券が購入できないのと、途中の泊で長時間の待ち時間があったので駅から出てみようかと思い、直江津ではなく泊までの乗車券を購入した。

この区間は単純に往復するだけなら北陸おでかけパスが2500円と、安上がりかつ自由に乗り降りができるので便利なのだが、この時は直江津で1泊する予定だったので有効期限が1日限りのおでかけパスは利用できなかった。

そうして泊に到着して駅を出ようと跨線橋を渡っていると、トキめきホリデーフリーパスが泊駅でも購入できますという張り紙を発見した。詳しく見ると2日間有効で何とたったの1000円である。しかも直江津から先の妙高高原まで有効で、時間があればそちらに足も伸ばすのにも利用できそうだ。

これは今回の旅にはピッタリではないかと、改札を抜けると窓口に向かい購入してみた。ついでにフリーエリアは隣りの市振からなので、そこまでの乗車券も購入しようと思ったが、親切にも今しがた回収した泊までの乗車券を市振までに変更してくれた。

泊駅発行の区間変更券とトキめきホリデーフリーパス

これにより「速星〜泊〜直江津」という組み合わせで往復した場合、通常なら4740円になるところが3640円と、1000円以上も安く上がった。そして最終的に直江津から先のフリーエリアも利用することになったため、2000円近くは得をしたのではないかと思う。