北陸おでかけパスを5489宅配便で購入してみた

郵送により通販購入した北陸おでかけパス

北陸地方のフリー切符に北陸おでかけパスという、2500円で1日乗り放題の非常に使い勝手の良い切符がある。土・日・祝日しか利用できないという制限はあるが、JR線のみならず直江津〜金沢間の第三セクター鉄道も利用でき、特急券を追加すれば特急に乗車する事も可能だ。そのため北陸地方での利用に限定するならば青春18きっぷより便利に使えるのである。

北陸おでかけパス 有効エリア

しかし、いざ利用しようと思い購入方法を見ると残念な点に気がつく。この切符は利用日の3日前までにフリーエリアや、その周辺の一部の駅でしか購入ができないのだ。つまり利用当日に現地で購入という訳にはいかないのである。

これでは沿線住民しか入手は難しそうに見えるが、JR西日本には5489電話予約サービスという、電話1本で全国の切符を購入できる便利なサービスがあり、北陸おでかけパスのような地域限定の企画乗車券でも、事前の予約や購入が可能となるのである(全ての企画乗車券に対応している訳ではないので注意)。

そして5489電話予約サービスを使って予約や購入した切符は、当日でも現地のみどりの窓口や、みどりの券売機で受け取る事ができるので、事前に窓口へ行く必要すらない。

またフリーエリアの入口となる駅で受け取りができない等、事前に切符を用意しておきたい場合には、購入した切符を全国に発送してくれる5489宅配便というサービスもある。この5489宅配便は存在こそ知っていたものの、利用した事がなかったので、今回はそのお試しも兼ねて宅配で購入してみる事にした。

購入と宅配を申し込む

5489電話予約サービスで購入や宅配を利用する場合は、クレジットカードでの支払いが必須となるので、事前に用意しておくとスムーズに事が運ぶ。ちなみに予約だけであれば受け取り時に現金での支払も可能だ。

準備が出来た所で早速電話をかけると、混雑状況によるが数分待たされてからオペレーターに繋がる。あとは利用日と北陸おでかけパスを宅配で購入したい旨を伝えるだけでよく、オペレーターに尋ねられるままにカード番号や住所氏名を伝えて、最後に配達希望日時を伝えたら手続き完了だ。

電話したのが午後だったせいか常にそうなのか分からないが、発送は翌日になるそうなので、到着は早くても2日後くらいになるようだ。また宅配の場合は発送先エリアに応じて下記送料が必要となるので、事前に入手しておく必要がなければ、予約や購入だけして現地で発券した方が無駄な出費を抑えられる。

北海道820円
東北610円
関東・甲信越510円
中部・北陸420円
近畿(兵庫以外)410円
兵庫370円
中国410円
四国420円
九州510円
沖縄920円

受け取り

数日して5489宅配便のしっかりした専用封筒に入った切符が、ゆうパックで送られてきた。

5489 宅配で北陸おでかけパスの入ってきた封筒

開封すると北陸おでかけパス本体の他に4点が同封されており、それぞれ北陸おでかけパスのアンケート、きっぷのご案内、5489宅配便のご利用明細、そして黄色い用紙が乗車変更&払戻しについての説明となっている。

北陸おでかけパスと同封の書類等

こうして無事に窓口で購入できないエリアに居ながらにして、北陸おでかけパスを入手する事ができた。