JR四国の硬券乗車券セット「きっぷで巡る四国鉄道史」

きっぷで巡る四国鉄道史の商品とパンフレット

平成10年の年末、「きっぷで巡る四国鉄道史」と名付けられた、硬券乗車券のセットが発売された。当時のJR四国に存在した、全隣接駅間(259区間)の硬券乗車券259枚を、専用バインダーに収めた豪華なセットになっている。全区間の乗車券ともなると、お値段の方もなかなかの物で、販売価格は46,440円であった。

実際に見ていくと、外観は一番外側が紙製のはこになっており、硬券乗車券の入ったバインダーが収められている。当時郵送で購入したのだが、この状態でダンボールに収められ、さらに紙袋に入れた状態で送られてきた。

函に収められた外観

バインダーは厚みのある、しっかりとした作りになっている。

函から取り出したバインダー

内部は開業線区ごとに24のテーマで分けられており、厚紙で作られた各ページに硬券乗車券が、はめ込まれている。

バインダーを開いた様子

各ページの裏面には、四国の鉄道史が明治から平成まで、順番に記載されている。1枚目から順番に読んでいく事で、歴史を辿る事ができる。

鉄道史の記載されたページ裏側

乗車券の日付は、各区間の開業日になっている。

乗車券の並ぶページ表面

この乗車券が収められたバインダーには開きにくいという問題があり、後日開きやすく改良されたバインダーが送られてきた。右側の幅の狭い方が改良版である。

最初と後日送られてきた2個のバインダー

当時は(今も?)こういった乗車券や入場券の高額なセット商品が、結構発売されていたように思う。その頃は記念乗車券を収集していた事から購入した訳だが、さすがに1点で数万円もするこれらのセット品には、購入をためらった事を思い出す。