軽量コンパクトなAnkerのセルフパワーUSBハブ

Anker 4-Port Ultra Slim USB 3.0 Hub

旅先で使用するUSBハブは2台のポータブルHDDを接続する関係から、どうしても自前で電源供給のできるセルフパワータイプにする必要がある。バスパワーと違い選択肢は少なく、何気なく在庫のあったエレコムの製品を買ってみると、これがまあ付属のACアダプタの大きいのに参った。使う分には問題ないので仕方なく使っていたけどさすがに何とかしたくなり、見るからにコンパクトそうなAnkerのUSBハブを購入した。

化粧箱を手にすると本当にコンパクトな製品なのだろうかと思うほど大きい。内部は値段の割にしっかりとした緩衝材できれいに区切られていた。内容物を取り出してみると箱とは対照的なほどに小さくシンプルなものである。

付属品一覧

製品を見ていくとUSBハブ本体は4ポートのコンパクトな作りで問題ない。このUSBハブ単体で利用することもできる。そして肝心のACアダプタは驚くほどに小さい。しかも給電用のケーブルは専用品ではなく単なるUSBケーブルを利用するというのに感心する。

試してはいないけどこの仕様からするとACアダプタは他のUSB機器への給電に使え、逆にUSBハブへの給電には汎用のACアダプタが使えるのではなかろうか。うまく利用すれば一段と荷物をコンパクトにまとめられそうな気がする。

重量は本体とACアダプタ、それにUSBケーブルを全部合わせても82グラムしかない。

ACアダプタを接続したUSBハブ

このACアダプタがどれだけ小さいのかエレコムのACアダプタと並べてみると、とても同じ用途とは思えないほどの違いがある。Ankerの物はこれ以上は小さくできないだろうという程に小さく、エレコムの方はなぜこんなに大きいのかと突っ込みたくなるほど大きい。

エレコムとAnkerのACアダプタ比較

最後に動作確認のためポータブルHDDを2台接続してみた。バスパワータイプだと容量不足に陥りうまく動作しなくなるのだが当然問題なく動作してくれた。読み書き速度はUSB3.0とあるので大丈夫だろうと思いつつ念のため計測し、PCと直接接続した場合と何ら変わらない事を確認した。

ポータブルHDDを2台接続

セルフパワーのUSBハブとしてはこれ以上コンパクトにできないだろうと思われる程の小ささであり、ようやく旅行用に最適なUSBハブが手に入った気がする。