thinkTANKphoto DSLR Battery Holder 4 レビュー

FUJIFILM X-T1とthinkTANKphoto DSLR Battery Holder 4

X-T1やX-Pro2といった、富士フィルムのミラーレス一眼でよく使われているバッテリーであるNP-W126だが、バッテリーの持ちが良いとはいえず、自ずと予備バッテリーを沢山持ち歩く事となった。

しかし数が多いだけに適当にカメラバッグに放り込んでおくと、未使用と使用済みバッテリーが混ざったり、底の方に集まってしまい無駄にスペースを取ってしまう。それに取り出すにも厄介で、周囲の物を傷つける心配があるので、何かしら整理して持ち歩く必要が出てきた。

そこで予備バッテリーを4本ずつ入れるのに丁度良さそうなthinkTANKphotoのDSLR Battery Holder 4(DSLR バッテリーホルダー 4)を購入してみた。

外観

まずはパッケージだがビニール袋に入れただけの簡単な物だ。

DSLRバッテリーホルダー4 パッケージ

こちらが製品の表面で、ナイロン製でバッテリーを入れない状態ではペラペラになるので、ちょっとしたスペースにでも押し込んでおける。

DSLRバッテリーホルダー4 表面

裏面はこのようになっている。

DSLRバッテリーホルダー4 裏面

フラップ部分はベルクロ固定になっており、素早く開け閉めができる。内部はバッテリーが4本入るようになっており、試してはいないがEOS5D MarkIIIやD810、D700等のバッテリーにも対応するそうである。

DSLRバッテリーホルダー4 内部

重量は23gで、公式だと20gとなっているがまあ誤差といった程度だろう。

DSLRバッテリーホルダー4 重量

使用感

早速X-T1のバッテリーであるNP-W126を入れてみると、もっと長いバッテリーに対応しているため上下に多少の遊びはあるが、幅や厚みは丁度よいサイズで収まりは良い。

使用済みのバッテリーは端子側が見えるように入れる事で、未使用と使用済みバッテリーを一目で確認できるようにした。

DSLRバッテリーホルダー4 収納例

撮影に持ち出してみたが、未使用のバッテリーを取り出し、同じ場所に使用済みバッテリーを入れてと、スムーズな交換ができる。

カメラバッグへの収納時も立てて収納できるので、ちょっとした空きスペースに入れておけ、バッグの底を漁らなくても素早く取り出せるので便利だ。カメラバッグ内で行方不明になる事や、周囲の物を傷つける心配もしなくてよくなる。

DSLRバッテリーホルダー4 2点

結局さらにもう1つ購入して、8個の予備バッテリーを効率よく持ち歩く事ができるようになった。