XF23mm 用の角型フード LH-XF23 を購入

FUJIFILM XF23mmと純正の花型&角形フード。

FUJIFILM XF23mm F1.4 の付属フードはプラ製の大きな花型で、フードとしては効果的な作りで良い物なのだが、それ故に存在感がありすぎた。そこで以前の記事では、レンズに似合うコンパクトな金属製フードを求め、社外品のフードをいくつか試してみたのだが、満足できるフードには出会えなかった。

同じフジの広角レンズでも XF16mm F1.4 には、角型メタルフードが別売りで用意されていて、これがコンパクトで使い勝手も良いため、XF23mm に無いことを残念に思っていたのだが、それがついに XF23mm 用も発売されたというので早速入手してみた。

開封

パッケージの外観は見なれたいつものデザイン。裏面には付属するキャップの装着図があり、これが唯一の使い方の説明になっている。付け加えると中国製である。

パッケージ。

中にはフード本体とキャップのみが入っている。

パッケージ内容。

外観

外観はアルミ削り出しの、分厚くしっかりした作りで、手に持つとずしりとする。全体的な作りや構造は XF16mm 用の角形フード LH-XF16 とほぼ同じだ。

フード外観。

裏側はレンズ本体への取り付け部分だけプラ製になっている。

フードのレンズ取付部。

キャップはプラ製で、上方向からスライドして取り付ける。同じ構造の LH-XF16 は固めだったが、これはそれに比べて緩めになっている。取り付けると軽くロックされるので勝手に落ちるような事はない。

フードにキャップを取り付ける。

付属のフードと並べてみると、長さは半分くらいに収まっているのがわかる。

付属フードと LH-XF23。

装着

レンズに装着してみると付けっぱなしでの使用が前提なのか、取り付け時は付属フードに比べてかなり固く、グッと力を入れて回す感じだ。それ故に一旦取り付けてしまえばガタツキ等は一切ない。表面の仕上げはレンズと同じなので一体感が素晴らしい。

XF23mmにLH−XF23を装着。

フード先端が平面なのでフード側を下にして置いても安定する。

XF23mmをフードを下にして立てて置く。

X-T1に装着してみると、付属フードに比べて見た目のバランスはかなり良いと思う。

X-T1 に装着した XF23mm + LH-XF23。

ひと通り触ってみたが、コンパクトで一体感あるデザインの金属製フードを探しているなら、とても良いものだと思う。逆に言えばデザインや使い勝手の面で拘りがなければ、7千円前後も出して購入する間でもなく、より遮光性に優れた付属フードで十分ではある。

私はといえば16,23,35と角型フードで統一してしまった。

角型フードで統一したXF35mm XF23mm XF16mm。
FUJIFILM XF23mmF1.4R用レンズフード LH-XF23
富士フイルム
¥8,210(2021/07/28 20:36時点)

コメント