調味料を持ち歩くのに便利な小型シェイカー

GSI ULTRALIGHT SALT PEPPER SHAKER

旅をしていると料理せずとも調味料が欲しくなる時がある。そこで食卓用の塩やコショウを持ち歩いていたが、市販容器のそれは内容量は多すぎるしガラス製故に重すぎた。マイカーや自宅で使用するなら問題ないが、徒歩中心の旅では大問題なのである。

何かいいものはないかと物色していて目に留まったのが「ウルトラライト ソルト&ペッパーシェイカー」という長い名前の商品で、要するに小さな調味料入れだ。驚かされたのがそのサイズで、アジシオの容器と比べたら先端キャップくらいの大きさしかない。実測では幅高さ共に3.7cmほど、重量は塩とコショウを入れた状態で30gほどだった。

調味料とサイズ比較
調味料とサイズ比較

単に小さいだけではなく機能的にも優れていて、内部が中央で仕切られていて、塩とコショウを別々に入れることができる。そして中蓋は片側半分にだけ穴が空けてあり、回転させることで塩とコショウ、どちらか一方だけを振ることができる。

塩とコショウを選択できる中蓋
塩とコショウを選択できる中蓋

本体の底部分にはめ込まれているオレンジ色のパーツを外すと、大きな穴の中蓋が収納されていて、交換して使用することができる。

中蓋は2種類付属している
中蓋は2種類付属している

量はわずかしか入らないが料理に使う訳ではないので十分だ。複数人で使うとかキャンプなどで料理にも使うなら、外観から構造までそっくりそのままサイズだけを大きくした「ブースター ソルト&ペッパー」という商品もある。

ウルトラライトとブースターのサイズ比較
ウルトラライトとブースターのサイズ比較

使い勝手としては単なる調味料入れなので可もなく不可もない。

気になる点を挙げるとすれば、キャップがねじ込み式ということで、市販容器がワンタッチで開閉できるのに比べると少し手間がかかる。もっとも不用意に開く心配はないので、適当な隙間に放り込んでおくような使い方には必ずしもマイナス要素ではない。

また塩とコショウを切り替える際に、内蓋に付着したコショウが微量ながら塩に混ざることがある。コショウは滅多に使わないのでまあいいかという感じだが、頻繁に切り替えるような使い方をしていると、塩が微妙ながらコショウ風味になるかもだ。

何にせよこの製品の魅力は軽量さとコンパクトさにあるので、使い勝手がどうだろうと大した問題ではなく、今では旅の必需品となっている。

GSI ブースターソルト&ペッパー
GSI
¥ 1,620(2018/11/27 14:21時点)