旅の相棒として RICOH GR III を迎えた

RICOH GRIII。

旅にはもう何年もFUJIFILM X-T1を携行している。数えてみると7年になろうとしていた。

これはX-T1であることに拘っていたからという訳ではない。X-T2・X-T3・X-T4と後継機種が発売されるたび買い換えは検討していた。しかし機能性能に目立った不満がないうえ、わずかとはいえ大きく重くなること、さらに2台のカメラに広角と標準レンズを付けっぱなしにするという撮影スタイルから、2台購入しなければならない資金的な問題もあり、しばらくこのままでいいかと先送りしてきた結果である。

そうして1年また1年と過ぎてきたが、いよいよ可動部の不具合や外装の劣化などが深刻化しはじめ、暗所での撮影に手ブレ補正が欲しくなってきたこともあって、昨年くらいから買い替えを真剣に検討しはじめていた。

とはいえこれといった機種はなく、どうしたものかと考えていた折、RICOHからGR IIIxが発売されて心は決まった。これと既存のGR IIIで2台持ちにすれば、一眼よりずっと小型軽量に収めながら、広角と標準を使い分けることが可能になるのだ。さらに画質や速写性にも優れているのだから、旅用カメラとしては理想に近いものがある。

そして資金の目処がたったことでいよいよ購入しようとしたのだが、なんとGR IIIxは人気らしく品切れで手に入らない。とりあえずGR IIIの在庫はあったので当分はクロップで凌ぐことにしてこちらだけ手にすることになった。不完全な形ではあるけど約7年ぶりとなる新しいメインカメラだ。また7年くらいは一緒に旅をしてもらうつもりである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました