フジノン XF90mm F2 R LM WR を購入してしまった

富士フィルム FUJINON XF90mm 購入&レビュー

Xマウント用の中望遠レンズ「XF90mm F2R LM WR」を購入してしまった。換算135mmと平凡な焦点距離ではあるが、手持ちのXF35mmと組み合わせるにはちょうど良く、緻密な描写や美しいボケ味の話を耳にして発売以来気になっていたレンズだ。ただ中望遠レンズはXF56mmを持っている上、その使用頻度も低いので眺めるだけに留めていた。

それが今回キャッシュバックキャンペーンがあって、実質7万円ほどで手に入ることに気が付き、少し迷ったものの買うなら今しかないと思い切ってしまった。

化粧箱
化粧箱

開封するとまずは付属品を取り出す。説明書や保証書に黒いクロスなどお馴染みの品々ばかりで特にどうということはない。

最後にレンズを手にすると大柄なレンズだけに、今までの単焦点レンズにはないズシッとくる感触、そしてヒンヤリとした手触りがたまらない。その一方でフードは手にした瞬間から感じる安っぽさはなんだろうか。レンズ本体の精巧感とは対照的である。

付属品
付属品

レンズを手にして最初に気になったのは内部からカタカタ音がすること。ちょっと不安にさせるものがあるが付属の説明用紙によると、通電されていない時はフォーカスレンズ群がフリーになるため振ると音や振動が生じるとあり仕様のようだ。問題ないと言われても旅に持ち歩いていて、1日中カタカタさせていて大丈夫なのかと心配な部分もある。

操作感は同じ中望遠レンズで外観も瓜二つのXF56mmとほとんど同じ、そう予想していたが意外と違っていた。まずフォーカスリングが比較的固めで、XF56mmのように回す気がない時までクルクル回ったりしないのだ。かといってXF35mmのようにカチカチでもないので、AF時には持ちやすくMF時には普通に操作できてなかなか良い。

そしてもう一つの操作部である絞りリングは、いつものXFレンズという感覚で回したらその固さに驚いた。手持ちのXFレンズの絞りリングときたら、どれも指1本でも回せるほどに軽いのだ。それがこのレンズはしっかりと2本の指で掴んで回す必要のある固さだった。

X-T1に装着
X-T1に装着

付属フードは見た目は普通すぎてどうということのない物だ。使ってみるとスムーズに装着できて僅かなガタツキもなくしっかり固定された。XF56mmのフードは固すぎて装着時にプラスチックの削りカスが出るほどだったのとは大違いだ。見た目の造りはそっくりなのに何かが違うようで随分と具合が良い。

レンズ自体が長いからメタルフードを付けっぱなしにすると邪魔だし、フードをどうしようかと思っていたが、このフードは使いやすいし割りと似合うのでこのままで良さそう。またレンズの全長が長いおかげで、フードを逆付したままでも絞りリングを操作できる。

フードは逆付したままでも使える
フードは逆付したままでも使える

単焦点XFレンズの中ではかなり大柄だが、X-T1に装着してみるとバランスは良くて持ちやすかった。AFもほとんど無音でスッとピントが合いとても快適だ。細かな造りがこれまでのXFレンズに比べて洗練されてきたなあと思う。実際に撮影してみると驚くほどに寄れるので、遠景から小物の撮影までストレスなくこなせて撮影が楽しいレンズだった。