旅行にテン泊に「折りたたみハンガー」が便利

カラマツ林に張ったテント。

テント泊をしながら山歩きをしていたときのこと、雨に祟られすっかり濡れてしまった衣類などを、テント内に張った細引きに吊るして乾燥させていた。しかしきれいに広げて吊るすことは難しく、ハンガーでもひとつあればなあと思った。

とはいえ持ち歩くには邪魔なので思うだけに留めていたが、折りたたみ式のハンガーなるものが安価であったので試しに購入。これが思いのほか軽く小さく使い勝手のいいものだった。

6色のハンガー。

折りたたんだ収納時のサイズは、高さ14cm、幅8cmくらいになる。厚みは洗濯ばさみを別にすれば1cmほど。重さは36gだった。

折りたたんだ状態のハンガー。

ぱたぱたと両側に広げていくと約43.5cmにまでなり、通常のハンガーと同等かより長いくらいになる。

広げて使用状態にしたハンガー。

手にすると華奢で針金ハンガーに毛の生えたようなものかと思ったけど、使ってみると窪みや洗濯ばさみがあるため、工夫しだいでなんでも吊るせる万能選手であった。欠点としては強度があまりないので重いものには向かないのと、フックが回転しないことくらいだが、日常的に使うならまだしも旅先で使う程度には大した問題ではない。

テント内でTシャツを吊るす。

限界まで荷物を軽く小さくしたいような旅や山行には持っていかないが、のんびりしたキャンプや旅行時には、すき間に入れておくとなかなかの活躍を見せてくれる。ひとつ100円程度でこれだけ役立つグッズもそうはないだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました